いとしのビジー

 そうだ。わたしが高校三年生のとき、同じクラスのビジーちゃん(仮名)がいた。

 でも、このビジー、わたしが目が悪かったせいもあって、わたしに色目も送ってたかもしれないけれど、よくわからなかった。

 ちなみに彼女は、純日本人にしては珍しく、色が白くて鼻筋が通っていて、目がパッチリしていました。

 おまけにわたしは、ツッパリ(当時)を張れるほど度胸もなかったし、彼女はそこそこ、そっち方面には長けてたみたいだったから。

 しかし、彼女は、正真正銘、美人だったですよ。当時、高校三年生とは思えないほど、色気を発散してましたねえ。

 ビジーちゃんは、そのころいとしの女の子でした。

 でも、、もう、いいダンナさんを見つけて、お子さんもいらっしゃるそうだから、……。

 こんなきれいな人が、ほんの一瞬でもおれに好意を抱いてくれたんだ、ということで。

 そうか、良かったな、お幸せに。と思う次第であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR