「大蛇」 エピソード

 「稚拙 ショート・ショート」

 という、カテゴリをあらためて作って、そこで披露させていただいて。おもしろく思っていただけたか、まったくつまんない、と思われたか、わかりませんが。

 ただ、それに思い至ることがあったので、退屈でしょうが、それにまつわるエピソードを、ひとつふたつ。

 わたしが好きだった(今でも好きですけど)、ジェニファー・ロペスさん主演の、

「アナコンダ」(キャッチ・コピー「叫び声さえ、吞み込まれる」)

 を、観て、思いついたのもありますけども、原体験がその前にあったんですわ。

 わたしの親の実家が、梨畑をやっておりましてね。

 幼いころのわたしは、その梨畑を、実家に帰省するたび、散歩してたものです。

 その梨畑の、一番大きな樹に、一匹の大きな青大将が、まとわりついていたんです。

 いや、ホントびっくりしました。でも、不思議と、怖いという気持ちは起こりませんでした。
 そして、かれ(彼女?)も、おとなしく、微動だにしてたので。

 その青黒い巨体は、美しさを通り越して神々しささえまとっていました。たぶん、全長にしたら、3メートルはあったんじゃないかな。

 その後、(今は亡き)祖母にそれを報告したら、

「あれは、ヌシ(主)だ。この家の守り神なんじゃ」

 と、説明してくれました。

 農家では、コメをネズミが食うことから、蛇をよく、置いたという。
 そこから、蛇は「農業の神」と、崇められるようになった。

 これは、理にかなっていると思います。けっして、「畜生(蛇、キツネ、その他)信仰」(一部の教団が言うような)ではないと思います。

 



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR