謎のにわか仕事?

 こんな夢を見た。

 ……おれはクルマの助手席に乗って、ある高速道路を、走っていた。
 ドライバーは誰だったか忘れた。
 
  ゼットかアール(過去記事、参照お願いします。旧友たちです)だったかのような気もしたが。
 軽快に飛ばしてて、車内の雰囲気も楽しそうだった。3人で乗ってたのかな。
 途中、ブルドーザーがひっくりこけてたようなのを見たが、おれたちには関係ない。

  場面転換。

 おれは、見知らぬ工場のような建物の前に立ち、とりあえず、というべきか中に入る。
 そこには見たこともないような、工作機械が乱雑に置かれてあった。

 おれが、何をしていいかわからずボーッとしていると、入り口から、ラストモヒカンのイシバシ(すべて仮名です。イシバシの本名は、むろん、ここには書けません。ちなみに、とんねるずさんとも、言うまでもなく無関係です。あー、めんどくせー。こんなことならもっと意味のないテキトーな名前つけりゃ良かったです! ちなみに、この記事で初めてこのブログを読んでくださったかたがいたとしたら、過去記事「タバコ屋のおばちゃんの話」読んでくださると分かりやすいかと思います)が、無言で入ってきた。

 おれからあいさつするのもなんとなくシャクなので、黙ってヤツがこれから何をするのか見守っていた。
 ヤツはその辺の機械群を、ゴム手でつかんでは移動させる。
 その昔、よく仕事で二人して共同作業で、よく、こうして簡素なラインを作って、パートのおばちゃんたちと一緒に、食品製造したものである。

 懐かしくそんなことを思い出していると、モヒイシ(かれの略称、とする)が、初めておれに笑顔を見せて、
「おまえも手伝え」
 と言う。
「いいですけど、これでなに作るんですか?」
 ひとまわりくらい歳上で先輩上司だったヤツに、おれはそう尋ねる。

「かき氷だ」
 うれしそうに言う。
 えー! 正気かよ? そりゃ季節柄わからんでもないが、こんな汚ならしい機械で、しかもこんな大量に作るの? 出店とかテキヤじゃないんだぜ!
 色的にはブルーハワイだが……ってそーゆー問題じゃなーい!
 それも一気にこんな一度に作って、すぐに売れなきゃどんどん溶けてくじゃねーか!

 おれもバカだけど、こいつもバカだなあ。さすが一時期でも、おれと意気投合しただけあるわ。

 バカバカしさを通り越して、おれたちはいつしか二人で笑い合っていた。

 そんなところで、目が覚めた。


 やっと今日で退院です。

 あ~あ、何度しても入院はヤダ! じゃあ、始めから健康に留意すりゃあイーだけの話じゃねーか!
ってことなんですがね。わたしの場合、先天的な病気とか事故とかじゃないんだから。

 もっとも、若いころは、自分のせいじゃなく、事故や突発性の病気で入院したこともありますが。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR