もの想う大蛇

 昔、書いたわたしの稚拙なショートショート(と、いえるかどうか)を、一つ。ただ、原版、消失してしまったので、覚えてる限りを。
 前置きはこのへんで。

 ここはアマゾン川。その岸辺。
 一匹の大きなアナコンダが横たわっていた。
 たまには陸(おか)に上がることもある。今はのんびりしていた。かれは今のところそれほど空腹でもなかったからだ。 
 哺乳類の肉食獣(人間以外)は、満腹のときは、過剰殺戮はしない。
 しかし、爬虫類であり、こどももいないかれには、自分でもどう考えていいのかわからない。
 草木が血にも肉にもならない体のかれは、しかたなく他の動物を襲うしかなかった。水を飲みに来る動物たちを。口だけで済むやつもあれば、締め殺してからゆっくり食う場合もある。

 そういえばここんとこ、魚を食ってなかったな……かれはそう思い、川に潜った。 
 浅いところからだんだん深くなってくる。ということは、視界も利かなくなってくる。しかし本能で、それがただの流木あるいは木っ端、それか魚、それ以外の獲物の区別はつく。

 だが、その枠組みに入らない、想定外のものが、川底にいた。
 白っぽくボーっと光るそれに、自分の意思と関係なく、かれは近づいて、いや、引き込まれていった。

 よく見るとそれは、人間の男だった。薄ら笑いを浮かべている。手招きをしている。
 やっと思い出した! こいつは昔、おれが絞め殺したあげく食ったやつだ。

 今度はおれがこいつに殺される番か。
 でもな、わかってくれとは言わないが、おれも生きるのに必死だったんだよ。

 それにしても「蛇は執念深い」と、勝手に決めつけたのは人間だったのではなかったか。
 これじゃアベコベじゃねーか!

 まあ、どーでもいーや、そんなこと、今となっては。
 かれは、そんなことを考えながら、息苦しくなってくるのを感じつつ、男に導かれようとしていた。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR