八王子怪談

 なんかでも、あれなんですよねえ。考えてることとか、大げさに言うと、アイディアですかね。

 散歩とかしてるとよく思い浮かぶんですけど、こうしてパソコンの前に座ると、うまく書けない、みたいな。

 でも、そんなこと言ってられない。わたしはアマチュアエッセイストなのだ。

 それはそれとして、わたしの親友(のうちの1人)だった、ケー(過去記事「なあ、ケーよ」その他参照していただけるとわかりやすいかと思います)から、その、巨大教団、勧誘直後に聞いた話なんですけどもね。

 そのころは、何人かが集まって、お仏壇に向かってお経をあげる、という行為が盛んだったわけです。

 いえ、それ自体はわたしは今でも否定しません。

 そういった行為を重ねて、神的、仏的、不可思議な現象が起きたとしても、自己暗示も含め、それはそれであってもいいんじゃないかな、とは、思います。

 まあ、わたしの言いたいことはここから先です。

 学生か、社会人になりたてのくらいの年代の青年たちが、一心に、仏壇に向かってお経をあげてたわけです。

 ここは、わりと山や盆地から近い一軒家。

 すると、窓をたたく者がいる。

 しばらく放っておいたが、だんだん激しくなる。
「なんだよ、こんな時間、こんな時に」

 この家に住んでいるエーくんが、そういいながら窓を開けようとする。
「(開催場所の)きみの友だちなんじゃないか?」

 先輩のビーさんがそう言う。

「でも、先輩、おかしいですよ。それだったら玄関でピンポンするのがスジじゃないですか?」
「それもそうだな。まあとりあえず開けてみたら?」

 言われるまでもなく、エーくんは開ける。

 するとそこには、血まみれの落ち武者たちが、ずらーっと、数百人並んでいた!

 腕や足、首が切り落とされた者、目がつぶされてる者、弓矢があちこち鎧のすき間に刺さった者たち!

「わ~!!!」「おごわ~!!!」

 エーくんたち全員は、そのこの世のものとも思えない、すさまじい光景に不協和音の絶叫をあげた。
「窓閉めろ、窓!」

 慌てて窓を閉めたが、幽霊だったらそんなもの突き抜けてくるだろう、でも、閉めずにはいられなかった!

「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経!」

 だれかが仏壇に向かって、怒鳴るようにして唱え始めた。みなもそれに倣う。

 窓をたたく音はより激しさを増していく。全員が一心になってお経をあげた、あげ続けた。

 やがて、いつの間にか、窓をたたく音が止み、みんなで恐る恐る窓を開けてみると、そこにはもう、誰もいなかった……。

 あの落ち武者たちの霊は、時空を超えて、おれたちのお経を聞きに来たのだろうか。

 そのあとの、なんの痕跡もない静寂は、少しはかれらの慰霊になったのだろうか。


 ここは八王子。昔、城があったところから近い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR