伯母の思い出

 まあ、いい。これもまた人生。

 ところで、思い出したことがあります。もう何年も前に亡くなった伯母のことなんですが。

 昔、法事で、立ち寄らせてもらい、泊めさしてもらいました。

 そこで結構、話が弾んだのが、今でも印象深く覚えています。

 伯母は何度目かの結婚だったですけど、良い伴侶に恵まれましてね。そのおじが、戦時中の話を興味深くしてくれたのが、今でもありがたく思っています。

 日本の敗戦が決まって、フィリピンから逃げるように、駆逐艦かなんかで帰ろうとしていたその時に、おそらくアメリカ空軍からでしょう、爆撃を受けて、船がバラバラになって、よどおし、木片にすがり付いて泳いだこととか、すごい体験だなあと、感心しながら聞いていました。

「バカヤロー」「チクショー」「死ね」

 とか、そういう汚い日本語を、地元住民にそっくりそのまま、浴びせ返されながら、帰国したそうです。

 伯母も、昔、某巨大教団への入会を勧められました。ま、もっとも伯母はその後、今は分かれている別団体へ移りましたが。

 でも、ある意味、伯母もわたしの半生に大きな足跡を残してくれました。その点は感謝しております。

 ただ、伯母は、数えるほどしか会ってなかったから、夢にはそれほど出てきません。親父と違って。

 そういえばさ、

「死んだ人は夢に出てくることはあっても、言葉を発することはあまりない」

 なんて夢占いの本で昔、読んだことがあるんですが、最近のわたしの夢の傾向として、そうでもないんですよね。

 親父やゼットなんかよくしゃべるし。

 一概に言えないわけなんでしょうな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR