ブックオフと図書館

 しかしなんですなあ。今年はある意味、わたしにとっても、ケジメのトシなんで、現状よりは何とかしたいと思っております。

 といっても女がらみのことではありません。わたし自身、この、ノー天気状態がいつまで続くかということです。

 そーいえば、このあいだのブックオフの件で、ひとつ悟ったことがあります。

 ブックオフが流行った要因はそういうところにもあるのでしょう。でも、わたしはそういう、本の傷み具合のような価値判断には賛同しかねます。

 まあ、でもいいんです。たぶん今後、新刊漫画を買うことはあまりないですから。

 というのは、わたしがおもしろいと思った漫画の著作者は(このブログでも過去例に出してますが)、ほとんどが、わたしより上の世代か、同年代の先生がたばかりですから。

 下の世代には興味がない、ということでは断じてありません。

 ただ、興味がなくなってしまっただけです。週刊漫画雑誌を買う機会も、もうほとんどないですし。

 だから、漫画はともかく、活字だけ(たまにイラスト入り、含む)の本を、仮にブックオフに売りに行って、価値ゼロと判断されたら、図書館に引き取ってもらうことにします。(図書館はマンガは受け付けてくれないので)

 その方がわたしの中ではナンボかマシです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 それと、異国の女が好み、とでも言っておきましょうか。
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR