fc2ブログ

臨終の言葉

 ときどき思うことがある。おれはひょっとしてこのまま死ぬのだろうか。

 そんな時、なぜか心に思い浮かぶことが、ある。

 ブッダの、臨終に近い時の言葉だ。

「アーナンダよ」「はい」

「……バイシャーリー(当時のインドの地名)は美しい。世界は美しい……」

「……」

 ……。

「アーナンダ、……アーナンダはいるか?」
「はい、ブッダ。アーナンダはここにいます。なんでしょう、ブッダ様?」

「……おまえは今まで、本当に長いあいだわたしの面倒をよく見てくれた。礼を言わせてくれ。……ありがとう

「ブッダ様、なにをおっしゃるのです……、生きてください! ブッダ様」

「泣くのはよしなさい。アーナンダ。生きとし生けるもの、いつかこの世に別れを告げる時が来る。わたしとて例外ではない。もろもろの行いは移ろいやすく、永久不変のものなどこの世に一つもない。……これを諸行無常という……」

 本当にそう言ったのか、わたしの想像も多分に入っているが。おそらくそういうことを言いたかったのではないかと、わたしは思った。
スポンサーサイト



プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症です。左利きです。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む&エアなわとび)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリー、実話怪談などが多いですかね。それと、自己怪談&SF (そんな日本語あるのか?)? 夢日記を、物語風に書くこと。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 
こんなところかな。よろしくお願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR