fc2ブログ

私がいちばん好きな作家

 今日、仕事の帰りに、本屋さんに寄って、本を買ってきました。

「小説新潮」

 を。

 星 新一先生のご息女、マリナさんのホームページを見て。

 単行本未収録の初期作品「ミラーボール」が収録されているということで。

 でも一気に読んでしまうのはもったいないので、少しずつ読んでいます。星先生の、新作が読めることはもうないので。
 
 最相葉月さんの「星 新一 1001話をつくった人」読みました。

 芥川賞や直木賞は取れなかったことを、ご本人は悔やんでおられたかのかもしれませんが、私に言わせていただければ、少なくとも昭和、平成において、星先生と比肩できる作家は一人もおりません(おま、何様じゃ!おれさまじゃ!ってか?)

 昭和平成の作家、すべての作品を読んできたわけではありませんけれども。

 まあ、私のタワゴトと思って読み流してください。

 学校の読書感想文とかでありがちな、小川未明とか坪田譲治とか、宮沢賢治とか、そういうのを抜きで初めて、自分のおこづかいで買った文庫本は、星先生の「マイ国家」でした。

 私が小学生くらいの時は、星先生の作品群は学校の図書室とかには置いてなかった、と記憶しています。よその学校はもちろん知りませんけれども。……というか国産のSF作品はあまりなかったのかな。

 ウエルズの「タイムマシン」「透明人間」とかはあったかもしれませんけど、ってどーでもいーか。

 今は置いてあるんでしょうねえ。国語の教科書にも載っているそうですから。

 文庫本の解説に、どなたかがお書きになってらっしゃいましたが、作家ご本人が逝去されてからも作品群が増刷されるのは、至難の業だとか。そういえばそうですよねえ。

 小説界では星先生のショート・ショート集、漫画界では藤子・F先生の「ドラえもん」などがその典型でしょうか。

 あ~、そういえば書いてて思い出したんですけど、むか~し星先生ご存命中に、ファンレターのご返事いただいたことあるんですよ。

 それが自宅で紛失してしまいましてな。なんちゅうバチあたりな! もう二度といただけないのに!

 一生の宝ものだったのになあ。

 天国の星先生に、手を合わせて心の中で謝罪しつつ、過ぎたことはまあ、仕方ないな、と割り切ることにします。

 
プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男です。
アルコール依存症です。左利きです。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む&エアなわとび)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。
マンガ全般、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリー、実話怪談などが多いですかね。それと、自己怪談&SF (そんな日本語あるのか?)? 夢日記を、物語風に書くこと。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
 
こんなところかな。よろしくお願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR