今、

 新しい記事、書いたんですけどまちがえて消しちゃいました。

 いやー、よくありますよね~、こーゆーことって。

 ねーよ!ってか? 失礼しました。
スポンサーサイト

況や悪人をや?

 夢。

 

 だいぶ前に働いていた工場にいる。

 

 モヒカン(前述記事、検索していただくと、わたしの上司だったことがわかります)がそこにいて、相変わらず小さな工場の中、わたしと比較的おだやかに話している。

 

 ただ、モヒカンという仮名ではちょっとカッコよすぎるので、とりあえず「イシバシ」としておきましょう。とんねるずとは関係ありません。

 

 顔を覚えていたパートのおばちゃんたち(当時のわたしの若さから見れば)も数人その場にいたが、イシバシが彼女たちをどこかに待機させ、わたしと二人きりになろうとする。

 

 就業開始時間はとっくに過ぎていたが、なにかわたしに話があるらしい。

 

 そこに、小学生当時クラスメートだったエスが入ってくるが、かれはストーリーの進行上、あまり意味はないので、割愛する。

 

 イシバシは、かれにして、その時、初めて、現実では死んでいるらしいのだが(当時、とっくにその会社をクビになっていたわたしは、だいぶあとになってその事実(自分で確かめてもいないから本当のところはわからないが)を、その会社のそばに今でもあるタバコ屋のおばちゃん(これまた過去記事検索してくださるとわかりやすいかと思います。)、もとい、おばあちゃんから聞いたのである)、生きてて、いっしょに働いていた時も口にしなかった、わたしに対しての感謝と謝罪の言葉を、口にしたようにおぼろげに記憶している。

 

 なにしろわたしの、アル中の度が進んだのは、こいつが原因の半分くらいは背負っていたのだから。

 

 タバコ屋は当然、酒屋も兼ねていて、パートのおばちゃんらが出勤してくる以前、昼休み、仕事終了後、必ずと言っていいほど立ち寄っていたのだから。

 

 いや、それだけならおれにも責任はあるわけだから、まだ、許す。

 

 おれが許せなかったのは、こいつはそんな状態だから、入院はする、欠勤はしょっちゅうする、後輩やパートへの指示や面倒は、みなおれまかせ。

 

 そんな、自分で言うのもなんだが、八面六臂の大活躍と大苦労を、背負わせといて、こいつはおれの倍以上の給料をもらい、ねぎらいの言葉もなく、安酒をごくたまにおごってごまかすだけ。

 

 おれのだいぶ後から関連企業を定年退職して、おれの後輩となった、パートたちから大いに嫌われていて(その点でもおれに苦労をかけた)ジジイがいて、まるっきりの役立たずのくせにおれより給料をもらっていたことも、我慢の限界をはるかに超えていた。

 

 ジジイは(夢に)出てこなかったが、イシバシがたとえ夢の中でも、おれが勝手に見た夢に過ぎないにしても、少しは心の癒しになったような気がした。

 

 しかし残ったのは、アル中になって、カネは女や悪友にだましとられ、体を思いっきりぶっ壊したおれだけだ……。

 

 そう思うと、悲しい。

おれの罪?

 う~ん、なんか壁紙をほかの子に変えると、また愛着がわいちゃうもんですなあ。

 

 しかし、おそらく日本で風俗の仕事してて、客とねんごろになって、そのまま結婚しちゃった子もいたけど、今ごろもうその子も別れてるかもしれないしなあ。

 

 こればっかりはわからない。

 

 ちなみにその日本人の男と結婚した子の個人情報は、全部スマホから削除しました。それにその子はわたしから不正にお金をむしったわけではないので。

 

 いい子だったから、忘れるんです。(その子にはもう、迷惑はかけられないから)

 

 しかし今、壁紙にしてる子、仮にウォールとしましょう。

 

 その、スッゴイおれ好みの美人なのに、なぜか記憶がほとんどない子です。

 (余裕ある)おカネが溜まったら、会いに行きたいなあ。そしてあの時、言ったことが本心なのか聞きたい!

 

 そーしないとほかの男に取られちやう! それにその間、他の客とネンゴロになったらいや!

 

 それはイヤ! でもそーなったらそーなったで、しょうがないな。

 でも、その子に関する記憶がほとんどない中、ウォールが言ったひとことが、忘れられないのである。


「あなたとまじめに結婚する!」

 

 それは事実だったのだが、おれはこの先、何度(とくに女の子に)だまされるのだろう……これもすべて自分の業の深さに起因するものなのか。

 

 おれはそれだけ罪深いのだろうか……「俺の罪」、バイ、レッド・ツェッペリン。

 

 まあ、罪深いでしょうし、アホなんでしょうな。

 

 それはブッダやジーザスに訊く以前に、自分でもわかります(笑)

 

 ♪ Oh Oh Oh

   You don’t have to go 

   

  (なあ、行かなくてもいいじゃないか)

  

  ……Song by LED ZEPPELIN

    

 これ、曲違うんですけど、わたしの好きな曲で、つい、書き写してしまいました。

 

 作詞作曲、ジミー・ページ&ロバート・プラント。

 

 著作権にひっかるようでしたら、削除します。

 

 まあ、これ読んでる人、あんまりいないと思うけど。

変態ナルシスト? ではない!

 じつは、数日前、頭を丸めてゴリンにしました。ひとつなんかしら流れを変えないといかんな、と思いましてな。

 

 あ、そーいえば、今日、散歩、行くときスマホ持つの忘れたんだ。と、言っても歩きスマホ(通話、ゲームなど)をするんじゃありません。今どきのオンラインゲームなんかよー知らんし、そんな時間に電話して、出てくれる友だちもいません。

 

 万歩計とボイスレコーダーを使うだけです。(さびしーなー、おれも)

 

 それにつけてもお金の欲しさよ、ってやつですなあ。道ばたに百円玉か500円玉でも落ちてないかな、なんて(あんまり関係ないか)

 

 ボイスレコーダーって言っても、あとで自分の声を聞いてうっとりする、って、変態ナルシストってわけじゃないですよ( ´艸`)

 

 そうじゃなくて、自分の人生において前向きなアイディアが浮かばないかな、と思って録音するわけです。

 

 わたしが好きだった作家先生やマンガ家先生も、アイディアを練りに、ときにはメモ帳(あるいはテープレコーダーなど)を携帯して、散歩した、などと複数的に書いてありましたからね。

 

 わたしは芸術家ではありませんが、やっぱり人並みに幸せになりたい、そう思うわけですわな。

 

 なんかまたも話にまとまりがなくてすみません。

しゃべくり007を、観て

 わたし、けっこう日テレ系の、
「しゃべくり007」

 観るんですよ、もちろん好きだから。レギュラーの7人とも。

 で、このあいだタイゾーさんが、採り上げられてましたけど、いいですねえ、わたしと感性が似てて。

「おまえおれよりナンコ下だよ!」
「おれはおめーより先輩だぞ!」

 って、そーゆーのが。

 芸能界は、一般より、より、タテ社会なんでしょうけど、でもおもしろい!

 で、タイゾーさんの更に良いところは、同年のホリケンさんには、むろんタメ口ですけど、名倉さんには決して、生意気な口を利かないところです。

 そうそう、以前あったんですよね。

 福田さんがおちゃらけで、司会の上田さんに、
「怒んなよ、シーンヤ」
 とボケて言ったら、
「だれがシンヤだ、このやろー!」

 あれもおもしろかったですねえ。

若かりしころの、ザ・スピードスター?

 これもだいぶ前の話(つまり、われわれ二人も若かった、ということですが)ですけど、こんなことがありました。
 メタルくんとドライブに行ったんですよ。

 高速道路ではないんですけど、わりとそれっぽい感じの、関東では比較的、名の通った道かな。

 直線部分が多くて、飛ばしやすい道だったから人気があったのだと思います。

 運転が下手なわたしが言ってもあまり説得力がありませんが(苦笑)

 それはともかく、その時は、かれのクルマでかなり飛ばしてたんですよ。メーター振り切るくらいまでに。

「おおー、すげえ! もうすぐ180(㎞)だぜ! 飛ばせ飛ばせ!」

 な~んてわたしも助手席で、調子こいてたわけですよ。

 メタルくんもノリにノッテました。

 その時です。

 はるか後方から、ふた筋のライトがパッシングしてくるわけですよ!

「やべえ、ポリか」

 そう思ったんですけど、それにしては赤色灯が回ってるのが見えません。

 ほんの少しスピードを落としたら、そのクルマ、あっという間に近づいてきて、横に並んで、あっという間に追い抜いて行ったんですよ!

 わたしもメタルくんも見ました。ポルシェでした。
 ターボかカレラまでかは識別できませんでしたが。

 おそらく250キロメーターは出てたでしょう。

「くそ、ポルシェなんかに負けてたまるか! 行け! 抜き返せ! 国産の意地を見せてやれ!」

 無責任なナビゲーターは怒鳴ります。

「ムチャ言うなよ! こっちは、どノーマルの国産だぜ。ポルシェに勝てるわけねーだろーが! それに多少なりともいじってるよ、アッチは」

 たしかにそのようでした。

 でも、なかなかおもしろかったですね。

 またもあっという間に、ポルシェは消えてしまいました。めでたしめでたし。って、どこがじゃ!

似ている人

 昔、思ったことがあります。


(敬称略で)、ポール・マッカートニー、ビリー・ジョエル、シルベスター・スタローンの区別がつかない……。


 しかし今でははっきり区別できますな。


 お三方ともまだご存命なのが、いちファンのわたしとしては、ありがたいことであります。

明日も面接!

 いや~、でも、わたしの訪問者のかたがたも、(あくまでわたしのイメージですが)わたしと似ている方も多いのかなあと思ったりもします。

 本当に失礼で申し訳ないんですが。

 まあそれはさておき、明日もまた面接に行ってきます。

 ちょっと今までとは違う業種を目指そうと思って。

 おカネを稼がないことには、女の子たちと会えません。(オメーはそれしか頭にねーんかい!)

 まあ、彼女たちもわたし同様、老けてきましたが(苦笑)

 まあ、老いは、人種、性別、宗教問わず、誰にも起こり得るもの。

 とにかく、明日の面接はがんばります!

 生老病死にかかわる仕事なので。

明日が

 判決日(就職の合否の)です。
 わたしはやります。

 そうしないと、おカネがないから、愛しい女の子たちに会いに行けない。

 酒池肉林主義の(オーバーすぎるんだよ!)わたしとしては、翼を折られた鷹のようなもの、牙を折られた虎のようなもの!

 ちなみにタカは、眼力自体が鋭いのもさることながら、8,0の視力を持ち、タカが一羽、舞い降りただけで、数百羽のカラスが、恐れて逃げ出すという。
 虎はもちろん、アジアでは最強の肉食動物だが、それでも象と、一対一で戦うとなると、躊躇する(勝ち目がないと、本能でわかるからだ)
 シロクマとは、生活居住区が違うので、わからない。

 な~んちって! でも、まじめに働いて女の子に会いに行きたいなあ、というのが要するに趣旨であります。


プロフィール

ピキュー

Author:ピキュー
FC2ブログへようこそ!
当方、平々凡々の、バツゼロ中年男の、とっつぁんボーヤです。
アルコール依存症であり、それの治療を心がけてます。

 読書、映画鑑賞、散歩(スロージョギング、簡易(?)スクワット含む)、宗教、競馬研究(専門紙名にあらず)等、型にはまった趣味しかありません。読書といっても最近は、マンガ全般、自己啓発本、それと、もともと好きだった、ハードではなく、ソフトな感じのSF、ミステリーが多いですかね。宗教といっても、特定の宗教に肩入れはしません。職業、スリーサイズは、ヒ・ミ・ツ!うふ。気持ちわる!
こんなところかな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR